AQUA CLUB
DIVING COMMUNITY
 logo azumax
bubble ring
AC DC
- AZUMAX Team -
〒414-0001
Shizuoka-ken
Ito-shi
Usami 2670-2

090-9314-0783
080-7002-6601


info
@ac-dc.in
dive.it@live.it
 
HOME
 
EQUIPE
スタッフ紹介
 
CURSOS
コース
 
PONTOS MERGULHOS
ダイビング・ポイント
 
TURISMO
ツアー
 
TARIFÁRIO
料金表
 
CALENDÁRIO
予定表
 
 
2009年末、PADIは、ダイバー教育やプロレベル、ショップ規準などの8つのジャンルにおいて、国際標準化機構(ISO)の国際規格に適合していると認められました。
ダイビング・インストラクター (ISO 24802-2)
エマージェンシー・ファースト・レスポンス

EMERGENCY FIRST RESPONSE

最新の医学的基盤に基づいた信頼のプログラムです
 
エマージェンシー・ファースト・レスポンス・プログラムは蘇生法の分野で著名な国際的医師 グループの検証を得て、2002年にエマージェンシー ファースト レスポンス Corp.から発表 されました。

国際的に認識された医療的ガイドラインである「AHA心肺蘇生と救急心血管治療の為の国際 ガイドライン2010」に基づいています。

また、これを基盤に、国際蘇生法連絡委員会(ILCOR=International Liaison Committee on Resuscitation)の基礎生命維持(BLS = Basic Life Support)部会の ワーキンググループで作成された手順を採用しています。

* ILCORとはオーストラリア、カナダ、ヨーロッパ、南米ニュージーランド、南アフリカ、アメリカ合衆国の主な蘇生法関連の組織を代表する国際基準グループです。

エマージェンシー・ファースト・レスポンス・プログラムは2002年に導入され、現在世界各地で実施されています。現在のエマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター メンバー数は世界で2万5千人。年間4万以上の方がコースに参加し、修了しています。

受講資格
どなたでも受講可(ダイバーでなくてもOK)
※ダイバーには、万が一に備えるためにも必修と言える

受講内容
エマージェンシー・ファースト・レスポンス一次ケア(CPR - 心肺蘇生法)
エマージェンシー・ファースト・レスポンス二次ケア(ファースト・エイド)

コース習得後
CPR(心肺蘇生法)や応急手当を含み、緊急時に迅速で最善の行動がとれるようになる

EFRで救急法が簡単に学べ自信がつきます
救急法を習っていても、いざ緊急事態の現場で「自信が無い」「間違ったらいけない」「悪化させてしまうかもしれない」などと考え、手当てを躊躇してしまうケースがあります。
エマージェンシーファーストレスポンスでは習った事がためらわず実行できる事に目的を置いています。
また職場や学校など実際の現場に合わせたトレーニングを受ける事ができます。
コースが終わると頭で考えなくても自然に体が動き事に驚かれるでしょう。


戻る
Copyright(C) 2012 AC DC All Rights Reserved.