AQUA CLUB
DIVING COMMUNITY
 logo azumax
bubble ring
AC DC
- AZUMAX Team -
〒414-0001
Shizuoka-ken
Ito-shi
Usami 2670-2

090-9314-0783
080-7002-6601


info
@ac-dc.in
dive.it@live.it
 
HOME
 
EQUIPE
スタッフ紹介
 
CURSOS
コース
 
PONTOS MERGULHOS
ダイビング・ポイント
 
TURISMO
ツアー
 
TARIFÁRIO
料金表
 
CALENDÁRIO
予定表
 
 
2009年末、PADIは、ダイバー教育やプロレベル、ショップ規準などの8つのジャンルにおいて、国際標準化機構(ISO)の国際規格に適合していると認められました。
ダイビング・インストラクター (ISO 24802-2)
アシスタント・インストラクター
ASSISTANT INSTRUCTOR
(ISO 24.802-1)
 
インストラクター開発コース(IDC)
PADIインストラクター開発の基礎となるのが、PADIコースディレクターの元で開催されるインストラクター開発コース(以下:IDC)です。

このIDCは
アシスタント・インストラクター(AI)コースと、
オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター(OWSI)プログラムの
2つから構成されています。


★PADIアシスタント・インストラクター

PADIアシスタント・インストラクターコースは、PADIインストラクター開発コース(IDC)の最 初の一部です。このコースはPADIプロフェッショナルとして経験を得るだけでなく、PADIダイ バー教育システムを学ぶ最初のステップでもあります。


PADIアシスタント・インストラクターになるとできること

◆PADIインストラクターの元で、PADIダイバーコースの知識開発部分を実施できる
◆PADIインストラクターの元で、PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースのトレーニング ・ダイブ中にある水面スキルの評価を実施できる
◆PADIピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー・スペシャルティ・ダイバーを認定できる
◆プロジェクトAWAREスペシャルティ・コースを認定できる
◆PADIディスカバー・スクーバ・ダイビングのプールまたは限定水域ダイブを実施できる
◆エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを修了すればエマージ ェンシー・ファースト・レスポンス・コースを実施できる
◆デジタル・アンダーウォーター・フォトグラファー・インストラクター・コースを修了すればデ ジタル・アンダーウォーター・フォトグラファーコースを実施できる

※上記すべては新規及び更新手続きを完了し、保険加入をしていることが条件となります
※上記以外に、PADIダイブマスターが実施できる項目も含みます
※コース実施の詳細については、必ず担当インストラクターに確認をしてください


必要教材
◆PADI インストラクター・マニュアル(紙版orデジタル版)
◆PADI's ガイド・トゥ・ティーチング
◆PADI スペシャリティ・インストラクター・アウトライン:
- ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー
- プロジェクトAWARE(環境保護)
- AWAREサンゴ礁の保護
◆オープン・ウォーター・ダイバー・マニュアル
◆RDP (テーブルとeRDPML、説明書)
◆Manual How to Use and Choose Dive Computers
◆オープン・ウォーター・ダイバー・クイズ&エグザム
◆アドベンチャー・イン・ダイビング・マニュアル
◆レスキュー・ダイバー・マニュアル
◆レスキューダイバー・ファイナルエグザム
◆ダイブマスター・マニュアル
◆ダイブマスターコースファイナルエグザム
◆ダイビングナレッジワークブック
◆スレートセット:
- オープン・ウォーター・ダイバー
- アドベンチャー・イン・ダイビング
- レスキュー・ダイバー
- ダイブマスター
- デスカバー・スキューバー・ダイビング
◆CWレッスン準備スレート
◆OWトレーニングダイブレッスン計画スレート
◆水中用キューカード(CW用)6枚組
◆水中用キューカード(OW用)5枚組
◆エンサイクロペディア
◆ログ・ブック

⇒各教材の詳細はPADIインストラクターへ問合せ下さい



コース参加の条件
1.PADIダイブマスター、または他の指導団体でリーダシップ・レベルとして認定されている
2.18歳以上であること
3.ナイト・ダイビング、ディープ・ダイビング、アンダー・ウォーター・ナビゲーションを含めた、ログに記載されているダイブ経験本数が60本以上であること
4.認定ダイバーになってから6ヶ月以上経っていること
5.過去24ヶ月以内にCPRとファースト・エイドのトレーニングを受けていること
6.病歴/診断書


コース内容
● IDCナレッジリビュー、規準エグザム、IDCカリキュラム・プレゼンテーションの聴講と知識開発プレゼンテーション
● ダイブ・スキル評価、限定水域プレゼンテーション
● オープン・ウォーター・講習プレゼンテーション、PADIダイブマスター・コースのレスキュー評価
戻る
Copyright(C) 2012 AC DC All Rights Reserved.